Galapagos Blog

株式会社ガラパゴスのメンバーによるブログです。

AWS Cloud9をさわってみる

ご機嫌よう、ガラパゴスのおとめです。

今年のre:Inventでもたくさんのサービスが紹介されましたね。気になったサービスはいくつもあるのですが、今回はCloud9をさわってみようと思います。

この記事はガラパゴスアドベントカレンダーの6日目の記事です。ガラパゴスアドベントカレンダーは、ガラパゴスの姫君によって発案されました。ガラパゴスのおとめもガラパゴスの姫君に進化したいです

Cloud9てなあに?

クラウド統合開発環境で、共同編集などもできるようですが、AWSの名前を冠しているだけあって、Lambda + API GatewayのセットアップやCodeStarと統合したデプロイなどにも対応しているようですね。

東京リージョンにはまだ来ていませんので、適当なリージョンを選んで使ってみましょう。

f:id:glpgsinc:20171204152253p:plain

するとこのようにCloud9の実行環境を作成する画面になりました。ふむふむ。同じリージョンにある既存のインスタンスか、新しいのを作るようです。今回は新しいインスタンスを作ってみました。

また、Cloud9を実行する環境は、使っていないときに自動で止まるようです(デフォルトでは最後に書いてから30分が選択されています。止めないことを選ぶこともできます。自動停止していても使うときにはインスタンスは自動で起動します)。

環境ができるとIDEが開きま……せんか? もしも「サードパーティCookieが」みたいなエラーになったら、ブラウザの設定を変更しましょう。Safariたんの場合は「プライバシー>サイト越えトラッキングを防ぐ」のチェックを外します。

f:id:glpgsinc:20171204152504p:plain

Lambdaを作ってみる

IDEを初めて開くと、このような画面になると思います。

f:id:glpgsinc:20171204153015p:plain

おやbashコンソールがありますね? どうやらCloud9に必要な環境があらかじめセットアップされた普通のAmazon Linuxのようです。

そして何やらメニューが並んでいますが、では早速新しいLambda関数をぽちっとしてみましょう。

名前と説明を入れて……

f:id:glpgsinc:20171204153347p:plain

テンプレートを選びます。まるでコンソールからLambda関数を作るのと同じですね。Go言語のサポートもアナウンスされましたがまだ選べないので、Python3にしてみます。

f:id:glpgsinc:20171204153500p:plain

作成時にトリガーとしてAPI Gatewayを選択することはできるようです。でも他のトリガーはここでは選べないですね。CloudFormationを自分でどうにかする……のは面倒なので、他のトリガーにも期待したいですね。

f:id:glpgsinc:20171204153612p:plain

セキュリティと……(今回はお試しなのでなしにしました)

f:id:glpgsinc:20171204153901p:plain

パフォーマンスを選んだら……

f:id:glpgsinc:20171204153941p:plain

何やら開発環境っぽくなりました。ふむ、選んだテンプレートのコードが書かれていますね。

f:id:glpgsinc:20171204154116p:plain

実行ボタンを押したらそのままテスト実行になりました。イベントのパラメタをそのまま書いて実行できます。Lambdaのテスト、意外と面倒だったので、これは便利〜。

f:id:glpgsinc:20171204154331p:plain

ところで先ほどAPI Gatewayをトリガーにしましたので、レスポンスを変更して、API Gatewayをテストしてみましょう。実装したら、ターゲットからAPI Gateway (local)を選んで実行するだけです。楽チンですね!

f:id:glpgsinc:20171204154543p:plain

また、ブレークポイントを置くこともできるようなのですが……この記事を書いている時点では、Pythonの場合はブレークポイントは効かないようです。

何ができたのか見てみる

template.yamlにお定まりのCloudFormationの設定が書かれています。また、.application.jsonに実際のLambda関数とAPI GatewayのIDが書き込まれていました。

CloudFormationのテンプレートができていますので、これをイジったら他の設定などもできそうな気がしますね? 他のトリガーを指定したり、Lambda関数をVPCの中に入れてみたり?

ライブラリを含めてみる

Cloud9で作成したインスタンスでは、Python2.7とPython3.6がセットアップされていて、そのままpythonコマンドを打つとデフォルトでは2.7の方が使われます。これはpipも同様です。

ところで新しいLambda関数を作るとディレクトリが作られて、bashコンソールからも普通に見えますね? じゃあ、ここにライブラリをインストールしたら使えるのかしらん?

今回はランタイムにPython3を選んでいますので試してみましょう。

関数の親ディレクトリに移動して、カレントディレクトリにパッケージをインストールしてみます。

$ pip-3.6 install simplejson -t .

importを書き換えて実行ボタンを押してみると、このようにimportもできているようです。

f:id:glpgsinc:20171204155628p:plain

ではデプロイしてみましょう! デプロイボタンを押して、最後にデプロイされたAPI Gatewayをつついてみましょう。API Gateway (remote)を選んで実行ボタンを押してみます。

f:id:glpgsinc:20171204160122p:plain

するとこのように、レスポンスが帰ってきました。ついでにcurlもできました。デプロイ時に自分でパッケージをzipしたりとかする必要はないようです。

Runtimeを変えてみる

今度はRuntimeを変えてみましょう。まずNode.jsで新しいLambda関数を作ってみます(今回もAPI Gatewayをトリガにしました)。サクッと作ってデプロイしてテストしてみます。

f:id:glpgsinc:20171205105849p:plain

動作しました。ところで、この関数は以前作ったもので、AWSからサポート期限の案内があったと想像してみます。うぅん。Node.jsはサポート期間が短くて、定期的にランタイムを変更したりするのが、ちょっと面倒ですので、この際ですからPythonに変えてしまいたいですね。

というわけで、前のステップで作成したコードをコピーして、template.yamlを変更してみます。

変更前

...(前略)
Resources:
  node2py:
    Type: 'AWS::Serverless::Function'
    Properties:
      Handler: node2py/index.handler
      Runtime: nodejs6.10
      ...(後略)

Node.jsの関数ができています。

f:id:glpgsinc:20171205110816p:plain

変更後

...(前略)
Resources:
  node2py:
    Type: 'AWS::Serverless::Function'
    Properties:
      Handler: node2py/lambda_function.lambda_handler
      Runtime: python3.6
      ...(後略)

なんのことはなく、HandlerとRuntimeを変更しただけです。ではデプロイして実行してみます。

f:id:glpgsinc:20171205111009p:plain

実行できました。Lambda側のコンソールを確認すると、ちゃんとRuntimeが変わっています。

f:id:glpgsinc:20171205111144p:plain

注意点?

Lambdaコンソールの側から関数を変更したら、その後Cloud9側からデプロイしても反映されなくなったり、Lambda関数を削除したら2度とデプロイできなくなったりしました。一応Lambdaコンソールを開いたときに「この関数はCloudFormationで管理されています」みたいなやんわりとしたメッセージは出てくるのですが、それ以外に何事もなく普通に編集も削除もできてしまうので、注意が必要かもしれません。

また、メニューなどをつつきまわしてみましたが、Cloud9からリモートを削除するみたいなことはできないみたい……?

さいごに

いくつか注意点などはありそうですが、ローカルでAPI Gatewayまで含めたテストができるのは便利ですね。

ところで! 明日はなんと〜ガラパゴスのアプリエンジニアがTensorflowしてしまうそうです! 読んでいただけると嬉しいです♪


さて、今日はAWS Cloud9を軽く眺めてみました。ガラパゴスでは、re:Inventで発表されたサービスを早速触ってみたいエンジニアを大大大募集しています。皆様の応募お待ちしています。

では、ご機嫌よう。

この記事は業務の一環として業務時間中に書きました